EN / JP

News

2019. Mar

●第22回文化庁メディア芸術祭にてアート部門:審査委員会推薦作品賞を受賞。
 

2019. Feb

●アート&サイエンスを探求するイギリスの『CLOT Magazine』にてインタビュー掲載。
 

2019. Feb

●最先端のテクノロジーカルチャーを実験的なアプローチで都市実装するリアルショーケース『Media Ambition Tokyo 2019』にて新作インスタレーション作品発表。
 

2019. Jan

●NHK worldのTV番組『DESIGN TALKS plus』に出演。
 

2018. Nov

●L'Arc-en-Cielのyukihiroによるソロプロジェクト『acid android』主催による「acid android in an alcove」に出演。
 
●ドイツの名門KOMPAKTよりウォルフガング・ヴォイト(GAS)キュレーションによるコンピレーションシリーズ『POP AMBIENT 2019』に参加。
 

2018. Oct

●MUTEK.JPとUltraSuperNew Gallery共催によるデジタルクリエイティヴィティの国際展『Digi Salon』にてインスタレーション作品展示。
 
●アジア地域最大級のクリエイティブ・コミュニケーションフェスティバルSpikes Asiaにて、サウンドプロデュースの「Star Chorus」がRadio & Audio部門Silver Spike受賞。
 

2018. Jul

●日本科学未来館にて開催の人工生命国際会議「ALIFE 2018」にて、池上高志、デヴィッド・オライリーらを審査員に迎え開催される「ALife Art Award」にて"Honorable Mention"を受賞。
 

2018. Apr

●ヴァージニアコモンウェルス大学教授/サウンドアーティストのStephen Vitielloとのコラボレーション・アルバム『Quiver』がリリース。

 

2018. Mar
●映画音楽で参加するイタリア映画『HANAA』がモスクワ国際映画祭にて上映。

About

小野寺 唯

音楽家/プロデューサー。サウンドアート、エレクトロニックミュージック、エレクトロアコースティックの分野で10年以上に渡り作曲とインスタレーションの分野で国際的に活躍。これまでにドイツの名門KOMPAKTをはじめとするSerein(英)、Baskaru(仏)など欧米各国より多くの作品を発表。電子音とプロセッシングされた器楽音、フィールドレコーディングによる環境音など幅広い音のパレットを使用したレイヤリングと合成のプロセスを通して、複雑に練り込まれたテクスチャーとハーモニーで彩り豊かな音の雲のような独特のサウン ドを構築。2013-15年、スペイン・バルセロナのオーディオ・ヴィジュアル・フェスティバル『STORUNG FESTIVAL』にてモーリッツ・フォン・オズワルド、ミカ・ヴァイニオ、フランク・ブレットシュナイダー、ニコラス・ベルニエらと共に出演。2016年、日本の雅楽で用いられる邦楽器「笙」を石川 高に師事。これまでに武蔵野美術大学、立教大学などでサウンドアートの教鞭をとる。ソロワークのほか、英国ロイヤル・バレエ団作曲家Scanner、バージニア・コモンウェルス大学教授Stephen Vitiello、To Rococo RotのRobert Lippok など様々な分野のアーティストと協働。
 
メディア/ハイブリッドアートの分野にて、インスタレーションを通じたアート作品制作を中心とするnorの創設メンバーとして、空間/映像/音など様々な表現領域における手法と技術の混交によるインスタレーション作品を行う。主な展覧会に『Open Space』(NTTInterCommunication Center [ICC])、『MEDIA AMBITION TOKYO』、『MUTEK.JP』など。作曲家/サウンドプロデューサーとして、国内外の映像音楽、映画/舞台やプロダクト/自動車/UIなどのサウンドデザイン、イベントのためのマルチチャンネル立体音響などサウンドに係る広い表現領域のコミッションワークを数多く手掛ける。建築音響と音響芸術の両方に精通し、建築/環境デザイン領域におけるサウンド表現を主としたコンセプトデザイン/サウンドプロデュースを手掛けており、その一つである航空機のためのプロジェクトは、アジア地域最大級のクリエイティブ/コミュニケーションフェスティバルSpikes Asia 2018にてSilver Spikeを受賞。
 
 
●主なメディア (TV/雑誌/新聞)
『NHK world DESIGN TALKS plus』(日本) 2019年1月
『AXIS Magazine』(日本) 2018年10月
『サウンド&レコーディング・マガジン』(日本) 2018年2月
『The Quietus』(イギリス)2017年1月
『テレビ朝日 お願いランキング』(日本) 2016年12月
『The Wire』(イギリス)2016年8月
『BLOW UP』(イタリア) 2015年11月
『CINRA』(日本) 2015年4月
『RECORD COLLECTOR』(イギリス)2012年2月
『DE:BUG』(ドイツ)2011年1月
『裏アンビエント・ミュージック 1960-2010』(日本) 2010年7月
『岩手日報』(日本) 2010年
 
 
●主な受賞歴
第22回文化庁メディア芸術祭 | アート部門 : Jury Selections prize
Spikes Asia 2018 | Radio & Audio : Silver Spike
AD STARS 2018 | Data Insights : Crystal
ALIFE 2018 | ALife Art Award : Honorable Mention prize
Cape Town International Film Festival 2017 | Best documentary film
Art Hack Day 2016 | Top prize