News

2018. Oct

●MUTEK.JPとUltraSuperNew Galleryが共催するデジタルクリエイティヴィティの国際展『Digi Salon』にてインスタレーション作品展示。

 
2018. Sep

●L'Arc-en-Cielのyukihiroによるソロプロジェクト『acid android』が主催するDJ&ライヴイベント「acid android in an alcove」に出演。
 
●雑誌『AXIS Magazine 10月号』"クリエーターズナビ"にてインスタレーション作品dyebirthが掲載。

 
2018. Aug

●釜山国際広告賞AD STARSにて「Star Chorus」がData Insights部門でCrystal受賞。(ほかRadio&Audio含む2部門でファイナリスト選出)
 

2018. Jul

●日本科学未来館にて開催の人工生命国際会議「ALIFE 2018」にて、池上高志、デヴィッド・オライリーらを審査員に迎え開催される「ALife Art Award」にて"Honorable Mention"を受賞。
 

2018. Apr

●ヴァージニアコモンウェルス大学教授/サウンドアーティストのStephen Vitielloとのコラボレーション・アルバム『Quiver』がリリース。

 

●雑誌『月刊ブレーン5月号』"越境クリエイター特集"にてnorインタビューが掲載。

 

2018. Mar
●映画音楽で参加するイタリア映画『HANAA』がモスクワ国際映画祭にて上映。

 

●ベルリンのユダヤ博物館にて開催中のMischa Kuballによる光と音のインスタレーション『res·o·nant』に楽曲提供。

 

2018. Feb
●六本木ヒルズで開催の『MEDIA AMBITION TOKYO 2018』にてインスタレーション作品展示。

 

2018. Jan
●ドイツの名門KOMPAKTよりウォルフガング・ヴォイトがキュレーションするシリーズ『POP AMBIENT 2018』に参加。
 
●The Orbのアレックス・パターソンによるオールタイム・ベストトラックに『cromo2』が選出。

About

Yui Onodera

Yui Onodera is a Tokyo-based composer, music producer whose works explore the relation between musical forms, architectural acoustics and spatial awareness. He studied music and architecture design, after working as an architectural acoustics designer, his familiarity with both the architectural acoustics and sonic arts resulted in numerous commissions to create sounds and music for movies, advertisements, product, web interfaces, app and car navigation system. In addition, he is creating music for specific, tangible locations. He identify those work as “environmental music”, the Japanese translation of “ambient” but one that framed it in a new context. One of them, was borne from the corporate benefice of the Japanese airline corporation, designed to be played in their airplane. 
 
As a sounds artist, he has a distinctive figure in the fields of experimental electronic music, modern ambient and multimedia art, working across the spheres of composition, installation work and music production for over 10 years. His work has been internationally recognised and he has released numerous works on esteemed experimental labels like KOMPAKT, Serein, Baskaru and more. He is also member of the artist collective "nor" whose ethos is centered around the production of multidimensional work through sound, visual and Installation art. In recent years, his works are shown at international festivals and museums including Media Ambition Tokyo and NTT inter communication center [ICC]. In 2017, alongside his musical profession he works as a sound art lecturer at Rikkyo University and Musashino Art University. 

 
Booking & Management :  persona

小野寺 唯

音楽と建築を学び、建築音響設計家として活動した後、作曲家/サウンドデザイナーとして国内外のTV/CM/Web、映画/舞台、国内大手メーカーとのプロダクト/自動車/UIなどのサウンドデザイン、イベント/インスタレーションのためのマルチチャンネル立体音響など、サウンドに係る広い表現領域のプロジェクトを手掛ける。広告/アートにおける音表現を主軸としたクリエイティブエージェンシー「invisible designs lab」にサウンドプロデューサーとして参画。主にアート/建築含めた環境デザイン領域におけるUXのコンセプトデザイン、サウンドプロデュース、サウンドコンサルティングを担当。これまでに武蔵野美術大学、立教大学などでサウンドアートの教鞭をとる。
 
サウンドアート/エレクトロニックミュージックの分野にて、サウンドアーティストとしてこれまでにドイツの名門KOMPAKTをはじめとするSerein()Baskaru()など欧米各国より数多くの作品をリリース。スペイン・バルセロナのオーディオ・ヴィジュアル・フェスティバル『STORUNG FESTIVAL』にてモーリッツ・フォン・オズワルド、ミカ・ヴァイニオ、フランク・ブレットシュナイダー、ニコラス・ベルニエらと共に出演など国際的に活躍。日本の雅楽で用いられる管楽器「笙」を石川 高に師事。ソロワークのほか、音楽家/舞台美術デザイナーのRobert Lippok、英国ロイヤル・バレエ団作曲家Scanner、バージニア・コモンウェルス大学教授Stephen Vitielloなど様々な分野のアーティストと協働する。
 
メディア/ハイブリッドアートの分野にて、クリエイティブレーベル”nor”に参画し、空間/映像/サウンドなど多様な表現領域における手法と技術の混交による、インスタレーション作品やプロダクト開発を行う。主な展覧会に『Open Space 2017(NTTInterCommunication Center [ICC])、『六本木アートナイト 2017』、『MEDIA AMBITION TOKYO 2018』など。

 
業務事例ご紹介はクライアントさまに応じて個別に対応しております。
お問合せは CONTACTよりお気軽にご連絡ください。